CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
Happy on the Rainbow
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
      

SEARCH
OTHERS
Homey*
嵐さんのこと、∞さんのこと、日々のこと、ゆるゆると綴ります
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

WEB CLAPはじめました♪
| - | | - |
KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST〜みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!〜 9/15味の素スタジアム2

9/30(日)長居競技場公演、台風17号接近に伴う公演中止。

この日を心から楽しみにしてい∞erさんたち、そして∞さんの気持ちを思うと、言葉になりません。

でも、何よりも安全第一。
29日の日中という早い段階での決断と情報伝達によって、たくさんの∞erさんたちが守られたんですよね。

29日公演前には、レンジャーも急遽更新されていましたね。
「勝手ながら、僕は、僕らとEighterを何かから守ってくれたと思ってます」ってひなちゃん。
「次は吹き飛ばしてやる」ってどっくん。
近いうちに、∞さんたちは30日の分もいっぱい楽しませてくれる機会を用意してくれるはずって信じたいな。

29日のMCでは、すばるくんのお誕生日のお祝いがあったとか。
たえこさんのお手紙の内容は、すばるくんへの愛が切ない程に詰まっていて。
ジップロックに入れられたお母さんの筑前煮(手羽先入り)を頬張るすばるくんは、本当に嬉しそうだったって。
雨のLIVEというドラマティックなシチュエーションの中にも関わらず、なんて素朴であったかいお祝いなんだろう。

すばるくん、31歳おめでとう。
すばるくんらしく、まっすぐに。
自分と周りの人たちを信じて、そのまっすぐな生き方で、人生を謳歌してね。
そして素晴らしい歌とパフォーマンスで私達を魅了してください。

…そして、いつのまにか渋谷家(実家)に赴き、リビングで筑前煮をごちそうになり、オーディションの時に着て行ったというすばるくんのジャージを着用し、お風呂につからせてもらった挙げ句に、たえこさんのベッドに半裸で寝そべるよこやまゆうがいた、という情報も受信いたしましたけどもw

テイチクさん、1回だけの幻となってしまった15日味スタセトリも、やすくん&すばるくんバースデーも、ぜーーーんぶまとめてDVD&ブルレイにしてくださいね…!
初回A・B(仮)どんとこいっ!w


さて、少し時間が経ってしまいましたが、
高揚も、ゆるさも、ドタバタ感も全部ひっくるめて楽しかった、あの日の思い出&想いめぐらせメモを。


※ネタバレ注意です!





――――――――――――――――――――




・セットは本当にシンプルで、ステージはメイン、センター(円形)、バクステのみ、ムビステはなし。
メインとセンターを繋ぐ花道と、左右に花道あり。バクステにはトロッコで移動。
メインステ上には黒い布で覆われた7つのBOXあり。

――――――――


17:00過ぎ、開演

―OP映像―

2004年の7人を再現したような映像。
地元の昔ながらのお店にいりびたる7人。
よこちょはお好み焼きを焼き、どっくんは射的、ひなちゃんはゲーム、やすくんはかき氷をおばちゃんに注文、すばるくんはウクレレを弾き、たちょはドミノを並べて、まるちゃんはセミの図鑑のようなものを見ている。
そんな風に毎日をダラダラと過ごす7人の将来を心配し、店のおばちゃんがみんなを叱りつける。
ふと、まるちゃんが「今年生まれたセミの幼虫は8年後に地上に出て、空を飛ぶ」と語りだす。自分たちの8年後に想いを馳せるも、あまりピンときていない様子でお店を出る7人。
店のテレビには“今日の占い”のコーナーが流れる。「この日のラッキーカラーは、赤、黄色、オレンジ、青、緑、紫、黒。全ての色が集まったとき、奇跡が起こる」
この日7人はそれぞれのメンバーカラ―を身に着けていた。
お店のおばちゃんは「奇跡が起こるかもしれない…」と7人の後ろ姿を見つめる。

これは大阪で見たらまた違う感覚になったんじゃないだろうか。。。
そんなことを思いながら見ていたスクリーンの映像が、センターステージに出る直前のメンバーの背中の映像に切り替わった瞬間、ゾクゾク。
メンバーの背中が「よっしゃ、やったる!」って言ってるみたいで、かっこよかった…!

・「大阪ロマネスク」

実は開演直前にお友達と1曲目を予想していたのだけど、それがロマネだったので、いろんな意味で鳥肌が。
∞さんにとって初めてのスタジアム公演の1曲目。
ポップアップでド派手に登場してもいいところでこのしっとりとしたメロディーをもってきた∞さん。これは…やばいよ…。
会場の、驚きと喜びと感動が入り混じった歓声には、思わず泣けてしまった。
この曲はきっと、∞さんと∞erさんにとって、思い入れの強い大切な大切な1曲で。
そしてよこちょが以前「僕らとファンのみなさまのラブソング」と表現した曲でもある。
だからこの時、うわぁ…わたし今∞さんからラブソング歌ってもらってるんだわぁーって、図々しいほど幸せな受け止め方をさせてもらっちゃったよ^^
すばるくんの声がようやく空に解き放たれたみたいに響いて、感無量。すばるくんの声は、野外によく似合うね。
蛍光ピンクに水色のアクセントカラーが入った衣装はアイドルっぽくてかわいかった☆

・「無責任ヒ―ロー」

メンバーは歌いながら左右の花道に移動。
目の前の位置に来たよこちょは、楽しそうに、でも変に力むわけでもなく、いつも通りに気持ち良さそうに会場を煽ってた。
この曲はやっぱりライブを盛り上げるパワーがあるなぁ。定番曲には定番たる所以がある。何より楽曲が∞さんらしいと思うのです(個人的なイメージとして)。好き!

・「T.W.L」

15日当日、まるちゃんの日記とやすばで呼びかけがあったタオル回し。
∞さんはメンバーカラ―のタオル、∞erさんは∞祭のマフラータオルだったりタオルハンカチだったりを使ってブンブンブン!
この光景はジャニーズのコンサートというより、まさに野外フェスって感じ。上手くいってよかったねー♪
そして、Jwebは間違いなくアイドルとファンを繋いでくれているんだなぁと、改めてそのツールの存在に感謝したのでした。タオル回しながら(笑)

・「ズッコケ男道」

これも鉄板の楽しさ♪間違いない。
よこちょの「ワン、ツー、ワン、ツー、ウーー!」もいつも通りの気合いの入りっぷりで嬉しかった^^

・「急☆上☆Show!!」

たちょが大サビ前のセリフを「ひとりじゃないよ」から「ひとつになっちゃう?!」に言い換えていて、会場もれなく「きゃあーー☆」っと沸いたよね!
たちょは、笑顔、仕草、言葉、演奏、その全てがキラキラなアイドルで、本当にかっこよかった。
天性の輝きとクリーンさを併せ持ち、しかもちゃんとそれを活かすための魅せ方を勉強してる。素晴らしい!

―挨拶ー

どっくんの「西日をくらっているみなさん、元気?!(∞er:元気ー!)そう、よかった!」のやりとりがもーーう可愛いのなんのって。
↑ちなみに私もちょうど西日をくらう位置にいた(笑)

すばるくんは「今日占いを見ていたら…おとめ座が1位でした!!うちのグループにはおとめ座が2人いますんでね!」って。
これ、今思えばお誕生日サプライズの予告だったのかもしれない♪

まるりんは「パー――ン!」からの「Feel so good♪」(笑) 祝!初野外パーン!

よこちょは「初の野外ですよ。気持ちいいね〜 でももっと気持ち良くするぜ〜〜」ってチョイエロ挨拶をw
それから真面目なトーンで「8周年にスタジアムでLIVEができる。みなさんとスタッフさんに感謝…」って話していたな。

ひなちゃんは「8周年に連れて来てくれてありがとう」と。
こちらこそ、こんな楽しい8周年に連れて来てくれてありがとうだよ、ひなちゃん。
で、お決まりの男のエイター声出しでは、多方面から大きな野太い声が聞こえてきて、メンバーも会場も大盛り上がり!これ、毎回声の大きさ更新してない?男性∞erの心意気、素敵やん☆

「スタジアム全員でバカになろうぜーーーーッ!!」
∞er「イエ――――イッッ!!」

このノリ最高(笑)

・BAND

夕暮れと夜の狭間で聴く「ヘブンリ」と「ツブサニコイ」が特に素敵だった。

生で「ヘブンリ」が聴けて嬉しい。この曲は8周年には欠かせないよね?
スクリーンにはExciteのマルチアングル映像。しかもメンバー1人ひとりの生の映像の隣に、昔の映像が並ぶの。見比べたくてずっとキョロキョロしてた(笑)

「愛でした。」もあの時間帯に合ってて良かったなぁ。
発売当初は正直ピンとこなかったけど、最近どんどん好きになってきてる曲。
ドラマが終わって、にしきどりょうくんとはるちゃんの曲、っていうイメージから抜け出したのかな?楽曲の良さが感じられるようになってきた頃に∞祭のLIVEで生で聴いて、これはいいぞ…!と。

そして「LIFE」「愛でした。」「ヘブンリ」「ツブサニコイ」…その全てでたちょは大サビ前のとてもいい部分を歌っていることに初めて気がついた。
たちょはきっと昔から、∞さんを後ろから押し進めていく役割を期待されていたんだろうなぁ。
よこちょは足を組みながら、ひたすらボンゴをポコポコ。
なんかね、足とか骨盤が色っぽいの。背中の丸まり方とかも。←視点が邪念に満ちていいるw
あと、どっくんの表情がずっと柔らかかったのが印象的だったなぁ。きゅーーーん。

楽器ができる、音楽を生で届けられるというのは、やっぱりとても強いね。
積み上げてきた努力の末の実力、確かに獲得した自分たちの個性。

―エイトレンジャー―

エイトレンジャーのテーマが流れ始めた瞬間、待ちわびていたかのような歓声が。
7人はメインステの上にあったリフト(?)に乗って登場。衣装はERの時に着用していた衣装。
「あーーあーーエイトレンジャーー♪」って歌いながら降下してくるんだけど、その姿がなんとも言えぬシュールさを醸し出してて笑けてきちゃう(笑)

ストーリーは、7人が白雪姫の世界の飛ばされちゃって、そこで白雪姫を救うためにそれぞれの持ち味を生かしながらオオカミたちと戦うっていう、約40分超えのミュージカル風コント。

…長いわ!ww

これはDVDになると信じているので内容は割愛しちゃうけども、とにかくくだらなくてグッダグダ、でもなんだかんだまるっと愛しい、っていう本家エイトレンジャー。
2011-2012のカウコンのアンコールで登場した時も大興奮したけど、こうしてコントを生で見れて本当に嬉しかったなぁ。∞LIVEの醍醐味の1つだもんね。

対決名で1番おもしろかったのは「碧い武闘派 VS 黒い微糖派」かな(笑)
“絶対笑わせる男”という看板を背負わされたオレンジの「マグロの解体ショー」もジワジワ来たww

で、最後の最後に突然王子様的ヒーローとして登場したバブンが、正真正銘ヒーローだった件(笑)それまでゆるゆるっと流れていた空気が一気に弾けた!!ww


しんごーー!!!


しんごーー!!!


って、1曲まるごと完璧なC&R☆☆☆
私もヨコソロコンでヨコバブンに「ゆうちゃーーん!」コールはしたことあったけど、生しんごコールは初めて☆めっちゃ楽しい!!

会場には大量のシャボン玉が浮遊。
ひなちゃんの引き締まった良いカラダは汗でツヤツヤピカピカと光っておりました(惚れ惚れ)
「バブーーーン!アターーーック!!」は、全身の血管が切れちゃうんじゃないかと思うくらいの力み具合で披露ww(ひなちゃん、30歳なんだからあんまり無理しすぎないでね・笑)

ちょっと前のレコメンでよこちょが「今までのLIVEでバブンほど盛り上がったことはない」って言ってたんだけど、ほんと、ものすごい威力だったよ☆よいものが見れた!

・「ER」

コント終わり、レッドの「俺らはもうひとつや」っていう映画のセリフでERへ。くーーしびれるーー☆
みんな盛り上がるっきゃない!って感じでペンラ降ってて。いつの間にか完全に暗くなっていた夜空の下、6色に光るペンラがにぎやかで楽しそうだったよ!私もすっごく楽しかった!

・「イッツ マイ ソウル」

お手振り曲にせずにダンスver.で。
∞さんと一緒に振りをやれる喜び、会場全体が同じ振りをする楽しさをかみしめる。
これって、当たり前のことじゃないもんね。

・「Cool magic city」

イントロが流れた時の沸きっぷり!「クルマジきたーー!!」つって☆
手をひらひら~ってさせて、サビはペンラ揺らして。ひたすら楽しい!ペンラの海も綺麗だったなぁ。


――――――――


短く納めるつもりが、やっぱり長くなっちゃうみたいなので、いったんここまででUPします。

続きはMC~


WEB CLAPはじめました♪
| | 08:57 | comments(0) |
スポンサーサイト
WEB CLAPはじめました♪
| - | 08:57 | - |











このページの先頭へ